読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイト・ワールド2.0 2nd Edition

とあるサークルのとある奴らがとあるTRPGで見境なく粉砕玉砕大喝采するログ

第九セッション(2月26日)ログ前編

GM:ウルレア

参加者
ユイ
イチーク
エリア
シャンス
エルヴィ
ティルラ





いつものように赤楽亭に集まった一行。そこには見覚えのあるようなないようなそんな人が二人、カウンターに座っていた。
「で、店主よ。そんときうちの末弟ったら何て言ったと思うよ?

『……いません。』
『だから!僕しか男がいなかったんですぅ!!』
ってよ!!」


彼のゲラゲラと少々品の無い笑いが鳴り響く。しかし店主は君たち冒険者が来たのを見て、二人組に示した。


メイヤ:よう、あんたらがうちの末弟と一緒に冒険者やってるって人たちかい?その節はうちのが世話になったようでなによりだ

シャンス:2d+13 誰でしたっけ
SwordWorld2.0 : (2D6+13) → 5[1,4]+13 → 18
ユイ:2d+6 おもいだす
SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 7[5,2]+6 → 13
ティルラ:2d+5 ホモ?
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 3[2,1]+5 → 8
エリア:2d+5
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 7[1,6]+5 → 12
イチーク:(そもそも知ってる)


GM
メイヤ・メディラウト
メディラウト家の長兄。現在当主。セオの兄にあたる。種族はシャドウ。
冒険者レベル推定でlv11のフェンサー持ち。

(隣に以前に出会った次男のユースもいるけどほぼ喋りません)


シャンス:末弟……というと、セオさん縁の方ですね。こちらこそいつもお世話になっております
ユイ:思い…だした!
エルヴィ:(んーっと・・・・・・ ユース君よね隣にいるの・・・・・・ 確か・・・ 当主のメイヤさんね)

メイヤ:とりあえずは、末弟を流行り病から救ってもらったことについて正式に礼を言っておこう。ありがとう。
GM:メイヤは頭を深々と下げる

ティルラ:やるべきことをやっただけです!(フフン
エルヴィ:どういたしまして。お互い様ですし、いつもお世話になっていますから。
ティルラ:(自分も感染していたことは黙る)
ユイ:…どうも
シャンス:(言うべきことを先に全部言われた)
エルヴィ:ところで、今日はお礼を申し上げられに来たわけではないでしょう?そういう様子に見えますが
メイヤ:お、そっちの女性は物分かりが早いようで。
イチーク:菓子折りも持ってないし。わかるでしょ
メイヤ:そうそう、今日はお礼半分、提案半分できたんだ
エルヴィ:(後ろが7ぐらいかしら)

メイヤ:力を見込んで君たちに簡単な依頼をしたい。依頼内容はこの手紙を届けてもらう。
ユイ:…手紙?
エリア:配達員??

 

GM:メイヤが取りだしたのは普通の手紙に見える

メイヤ:速達で、フィグルスという名前の村に届けてほしい。
ユイ:…それだけ?
イチーク:確認するまでもないけど、僕達が運ぶもの? それ。
メイヤ:うーんそれだけではないな むしろこっちはおまけだ


ティルラ:2d+5 見識:フィグルス
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 11[5,6]+5 → 16
エリア:2d+5
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 4[2,2]+5 → 9
エルヴィ:2d 見識:フィグルス
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[1,6] → 7
シャンス:2d+13 フィグルスとは
SwordWorld2.0 : (2D6+13) → 11[6,5]+13 → 24
イチーク:2d+6 見識:フィグルス
SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 6[2,4]+6 → 12
ユイ:2d+6 どこ
SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 5[1,4]+6 → 11

GM:フィグルス村:見識8:ラスベートとカインガラの間にある小さい村。特にあれな噂とかはない街道からもそれほど離れておらず、カインガラとの中継地点として寄られることが多い。ラスベートからは街道を馬車で1日程度かかる。馬車を使用しない場合は2~3日。

シャンス:ご近所ですよね
ティルラ:知ってる知ってる あれね! 食べるとおいしいやつ!

ユイ:2d+8 センスマジックで手紙を調べる
SwordWorld2.0 : (2D6+8) → 6[2,4]+8 → 14

GM:センスマジック=特になし。

エルヴィ:ふーん 宛先は普通ねぇ。カインガラの方の村ねぇ
エルヴィ:(ユイちゃんが調べるのを見て)ワケありの手紙・・・って訳ではないのねぇ。
ユイ:(ただの手紙だった)
エルヴィ:(心の声:内容はともかく)

メイヤ:それともう一つ。この村から冒険者の応援をよこすように言われている。まあこれは店への依頼だったんだけど

シャンス:応援が必要な案件って結構大事なのでは
メイヤ:ちょうどいいから抱き合わせの依頼にしようと思ってな、もちろん報酬は全部お渡しする。
エリア:まぁセオの関係者なら特に警戒することもないんじゃない?


イチーク:君(メイヤ)、料理以外も結構面倒くさくない……?応援の方先に説明すればいいじゃん。
メイヤ:何?俺の料理が面倒だと?
メイヤ:ユース、厨房にあるからとってこい
シャンス:(あるんだ)
メイヤ:イチの奴にデイリースペシャルレシピを振舞ってやる
イチーク:はぁ? 自覚してないワケ? この前作ったのなんの、アレ!! もはや料理じゃないでしょ!!!
エリア:大丈夫?キュアポイズンいる?
エリア:もちろんシャンスがやる
シャンス:……いや、使えますけど人の料理を毒扱いはいかがなものかと


メイヤ:冗談はさておき、報酬にはとりあえず前払いで1500G入れておく。依頼を達成すれば手紙が1000G、応援の案件で3000G、計5500G

シャンス:(何事もなかったかのように)ところで今日は肝心のセオさんがいらっしゃらないんですが
シャンス:何処へ
ユイ:…そういえば

メイヤ:あ、セオの奴は今うちで親父に説教されてるよ。
ユース:(そりゃ仕事から帰ってきたら相談もなしに勝手に冒険者になってたら怒るよね)
シャンス:まあ手紙の方はお断りする理由がないのでいいんですけど
ティルラ:そうだぞ~料理に罪はないんだぞ~
シャンス:応援の方の詳しい情報とかは
イチーク:食材に罪は無くても、料理に罪はあるの!
イチーク:てか、
メイヤ:ああ、応援の方だが(黒色のジャムと黒色のベーコンエッグ(蜂蜜掛け)を用意しながら)
メイヤ:そんなに緊急性はないらしいぞ

f:id:ururea1011:20170228045520j:plain

エルヴィ:(マー○イトかしら・・・? (黒いジャム状の物をパンに塗るのを見て))

イチーク:君(ティルラ)も一回食べてみればいいじゃん。アレ。世界変わるから。コレ(ティルラ)にあげて
ティルラ:モグモグモグモグ…
ティルラ:うん!まずい!

ティルラ:2d+10 生命抵抗 サンドイッチかハンバーガーのようなナニカ 目標値 15

SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 8[4,4]+10 → 18

シャンス:3000Gは割と重篤な依頼でh……ティルラさん!?
イチーク:うわ……平気な顔してるんだけど。うわー……信じられないんだけど。舌大丈夫? 生まれつき壊れてたりしない?


メイヤ:さぁな。一応依頼には「村の付近に強いモンスターが居座ったようで、今はまだ遠いがいつ襲われるかわからないから」って書いてあったぞ
シャンス:あー……
メイヤ:あと、フィグルス村には冒険者の宿はないってのもあるだろうな
ティルラ:う~お腹ぐるぐるする~
エリア:あー、それは…
シャンス:うん、放ってはおけませんか

gakkey「病気表振る?」
GM「いいよ」

ティルラ:2d 飯テロ
SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[4,5] → 9
GM:9:あなたは弱い石化病にかかっていた。今セッション中、常に防護点が2上昇するが、敏捷度の値が-6(ボーナス-1)される。

ティルラ:うっ!
ティルラ:アバババババババババb

シャンス:2d+11 キュアディジーズ
SwordWorld2.0 : (2D6+11) → 11[5,6]+11 → 22
エリア:って、やっぱりいるじゃんキュアポイズン
エルヴィ:(メタル・ティルラだ・・・・・・)
イチーク:だよね……

メイヤ:あ、手紙はこの場で渡しておく 言っておくがプライバシーとか何やらあるし、絶対開けるなよ?

ティルラ:絶対開けちゃだめなんですね!!!!
イチーク:開けないって。てか、そういうこと言うと開けようとする奴いるからやめて。
シャンス:私達はどう思われて……うん反論できませんねこれ(後ろを見ないようにしている)

メイヤ:さて、他に質問があれば
メイヤ:しまった、重要なことを言い忘れてた
メイヤ:手紙の宛先だが、「リコ・バスカヴィル」という名前だ

シャンス:2d+13 誰でしょう
SwordWorld2.0 : (2D6+13) → 6[3,3]+13 → 19
エリア:2d+5
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 6[2,4]+5 → 11
ユイ:2d+6 だれ
SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 6[5,1]+6 → 12
エルヴィ:2d パスカヴィル
SwordWorld2.0 : (2D6) → 11[6,5] → 11
ティルラ:2d+5 見識
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 4[3,1]+5 → 9

イチーク:(ほぼほぼ確実な予想がついているか知っているはずなのでパス)


GM:リコ・バスカヴィル:見識16:フィグルス村に住むエルフの女性。仕事は医者。金髪で美麗な姿はどこかの貴族を思わせるが、親しみやすい性格をしている。バスカヴィルと言う名字には以前病気の事件が起きた時に訪ねてきた医者であるミュールを思わせると覚えていてよい。


エルヴィ:ああ~ ミュール女医の名字か!
メイヤ:お、気が付いたか
シャンス:お知り合いで?
メイヤ:もちろん、バスカヴィル家とは家族ぐるみで長い付き合いだ
シャンス:施療院で見たことぐらいはあるんですが
エルヴィ:そういえばあっちの方(カインガラ方面)住みって言ってたわね
メイヤ:リコさんはミュールの母親だよ
イチーク:改めて言うけどさ、コレ(手紙)、郵便配達の人に任せた方がいい奴じゃない?魔物の話はともかくとしてさ。
メイヤ:ん?まあ届かなかったらそれを考える。
シャンス:まあまあ、依頼料を頂けるんだからいいじゃないですか
イチーク:君(メイヤ)、超軽いよね……
メイヤ:うちの弟と一緒にやれてる仲だし、全面的に信用はしてるよ
エリア:まぁ、うちの事を贔屓にしてくれてるんだよきっと
シャンス:(「やれてる:って、セオさんおうちではどんな扱いなんでしょう……)
メイヤ:そもそも冒険者に限らず、仕事ってのは信用でナンボだ。
ティルラ:(セオくん本当どんな扱いなんだろうねー)
メイヤ:よし、行の馬車はこちらで手配しておくよ
メイヤ:出発は何時頃にするんだ?
シャンス:えーと……私は今でも大丈夫ですけど
イチーク:速達なんでしょ? 早い方がいいんじゃない?
ユイ:…魔物が近くにいるなら、早めがいい
シャンス:魔物がどうこうという話もありますし、準備するにしろ急いだ方が
メイヤ:わかった、じゃあ今すぐにでも手配させよう
エルヴィ:それじゃあ各々荷物と消耗品準備して、8時ぐらいには出発で進めますか。


メイヤ:ああそれと最後に言っておくが
シャンス:?
メイヤ:その手紙、絶対に開けるなよ?散々忠告しておくが、改めて言っておく。絶対に開けるなよ?
エリア:やめてよそういうの
イチーク:だから、それ止めなって。開ける奴いるから
シャンス:(……もしかして開けてほしいんでしょうか?)
エリア:むずむず
イチーク:鬱陶しいから、もう僕が持ってていい? その手紙
ティルラ:む ず む ず
エルヴィ:わかったわ。絶対に開けない。(冷たいチーク顔)


GM:一行は馬車に乗って街道を通り、村へと向かう

シャンス:(道中ビビッドでさっき使ったキュアディジーズ分のMPを回復します)
シャンス:(ついでにゴーレム組の分も)
エリア:便利だなー
ユイ:(ビビット聞きながらゆったり馬車の旅)
ティルラ:ほんまシャンスちゃんの声は五臓六腑に染みわたるでぇ…
GM:イチークは手紙を見ているうちに、上手くやればバレずに開く(そして元に戻す)ことは可能かもしれないと気が付いた

イチーク:や、開けないから
GM:ぶっちゃけるとスカウト技能の判定次第で

GM:あけますか?

f:id:ururea1011:20170228050141p:plain



イチーク:いいえ

ティルラ:1d 1で手紙強奪
SwordWorld2.0 : (1D6) → 3
シャンス:2d+12 真偽判定/動きが怪しい人たちを観察している
SwordWorld2.0 : (2D6+12) → 6[4,2]+12 → 18
イチーク:2d6+4 スリ防御判定
SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 7[6,1]+4 → 11
エルヴィ:おーっとティルラ君馬車から蹴り落とされた!
ティルラ:うー耐えろ私ぃ…


GM:そろそろ日が落ちるかという頃、
GM:馬車は、街道の向こうから来る一台の馬車とすれ違う
GM:一行は彼女に見覚えがあるが、どうする?

シャンス:(ない)
イチーク:(どうでもいい)
ギャスカ:ふんふーん♪
エルヴィ:あら?イリティスタの時にいた子かしら?
ユイ:思い…だした!(二回目)
エリア:あ、ちょっと待ってどっか会ったっけ
シャンス:お知り合いですか? 今回多いですね
ギャスカ:ん?……ああ、魔石のとこにいた人か
エリア:そうそう!
ギャスカ:久しぶり。どうだい、あの時魔石は回収できた?
エリア:うん。あの時はありがとう
ギャスカ:そいつは良かったよ。その様子だと今日は今日で別の依頼みたいだね
エリア:何か依頼の帰り?
ギャスカ:いいや、私はちょっと個人的な用事でラスベートに行くんだ
ティルラ:(説教とボコられで消沈している)

ギャスカ:ああ、フィグルスの村ね つっても私はそこに寄ってないから詳しいことはわからないんだ
ギャスカ:デカい魔物がいるなんて話も今初めて聞いたよ
エリア:ふーん???
ティルラ:うーん???
エルヴィ:なるほどね・・・・・・ となると大物というわけでは無いということかしら・・・・・・
エリア:ありがとね
ギャスカ:いやいや、力に慣れなくてすまないね
ギャスカ:んじゃ、私はそろそろ行くわ あんたたちも頑張って。
エリア:そか。それじゃお互いがんばろー
シャンス:では佳き旅を


ユイ:2d カウンターセンス
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[3,4] → 7
ユイ:(一応念のため)
シャンス:良い心がけかと
ユイ:…実際、何があるかわからないし
GM:一行は村の入り口に辿り着いた。

GM「んじゃまず皆さん2d振ってね」

シャンス:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 4[3,1] → 4
エリア:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[4,2] → 6
ティルラ:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[6,2] → 8
ユイ:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[5,2] → 7
エルヴィ:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 10[4,6] → 10
イチーク:2d なぞの2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[3,5] → 8

GM:この村には街道から北へ進んできた(つまり村の南からはいってきた)
GM:エルヴィは村の奥にも森が広がっていること、そしてその森が、周りと少し違うのではないかと違和感を覚える

エルヴィ:んー・・・?北側の奥の森が少し妙ねぇ・・・・・・
エルヴィ:何か確信みたいなものは無いのだけれど・・・・・・

GM:あ、違和感とはいえどもいわゆる「変」というより「純粋に違う」という予想

シャンス:2d+13 変と言われたので観察してみた見識
SwordWorld2.0 : (2D6+13) → 8[6,2]+13 → 21
エリア:2d+5
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 6[4,2]+5 → 11
ユイ:2d+6 あの森は悪い文明?
SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 9[6,3]+6 → 15
ティルラ:2d+5 見識
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 10[5,5]+5 → 15
エルヴィ:2d 勘
SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[3,6] → 9
イチーク:2d6+6 見識
SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 8[5,3]+6 → 14


GM:シャンス→いわゆる樹が違う。森とは別の環境が広がっているのではないかという予想

シャンス:うーん???
シャンス:(まあ覚えておきますか)


GM:一行が村の前までやってきて馬車を降りると、一人の女性が村の前に仁王立ちしている

???:そこで止まれ。あなたたち、所属は?
シャンス:えーと
ティルラ:かわいい
シャンス:ラスベート赤楽亭2号店、応援の求めに応じて参りました
???:せきらくてい……せきらくてい……?
???:そ、そうか……あんたたちか……
シャンス:(???)

???:あんたたちがセオをたぶらかしたんかーー!!!!!!

シャンス:!?!?!?
ティルラ:あっ…もしかして…
ユイ:!???!?
エリア:あっ
エルヴィ:(察し)
エルヴィ:(なるほどセオくん来ないのはそういう・・・・・・(察し))
ティルラ:ユイちゃんそういう服着てたもんね
ユイ:(そういう常識のないユイには察することが出来ないのであった、残念)

???:絶対に許さん!!人の恋路を邪魔する奴をバイクではねる!
ティルラ:さぁ来い!!
???:(おもむろにグレネードとかぽいぽい投げてくる)
シャンス:おおおおお!?

ブラスウィング:胴体:(かばうⅡ発動)

シャンス:2d+11 ピース
SwordWorld2.0 : (2D6+11) → 11[6,5]+11 → 22

???:すごく落ち着いた
ティルラ:平和の伝道師シャンスちゃん
イチーク:……バカなの?とりあえず、手紙。これ、君の家宛だから家持って行っておいて。(ずい)
シャンス:(超ありがとうございますライフォス様)

???:しかしだ、セオがハーレムなんてそんなPTを組むはずないんだ
???:そのことについては改めて聞かせてもらうから
シャンス:えぇー……
ティルラ:確認なんだけど君は噂の許嫁ちゃんでいいのかな?
エルヴィ:まあまあ・・・・・・ 大丈夫?豆茶のむ?チョコレート食べる?
イチーク:(さっさと、馬車に帰る)

???:あ、手紙。これはどうもご丁寧に……
エルヴィ:(ハーレムPTはまあ・・・・・・セオくんの幸運補正よねぇ・・・・・・)
???:そういえばあなたたちには私の妹もお世話になったようですから
エリア:運が良いのかわるいのか
???:よければうちに寄って行ってください
シャンス:あ、はい……
ユイ:…(警戒モード)
エリア:おお…ユイが女の子を警戒している
シャンス:(いまいち話が読めないけどイチークが知り合いっぽい顔をしているのでついていく)
ユイ:…危ない人には気を付けなさいってお母さん言ってた
エリア:うんうん
ティルラ:うへh…金髪ぅ…
エーベル:どちらにせよ手紙が私の母宛てですしね

少々警戒はあるものの一行はリコの家へ。

ミュール:あら、皆さん。お久しぶりです。
ミュール:その節はお世話になりました。
シャンス:(初対面)
ミュール:今日は何の用でしょうか?
ユイ:…こちらこそあの時はありがとうございました(ぺこり)(丁寧モード)
ティルラ:ムシャムシャしたい(真顔)
シャンス:ええと、メディラウト家からの親書を預かってきましたので、まずはこちらを
イチーク:……どーも。
ミュール:なるほど、確かにあそこの家のものですね
ミュール:母さん、手紙が来てるよ
シャンス:あと、こちらの村から武力要請があったということでお届けとセットで来ました
エリア:(他人の家そわそわモード)
リコ:あら、随分とたくさんのお客様ね
エリア:(ないすばでー)
ティルラ:金髪美人がまた一人ぃ!!
リコ:私はリコ・バスカヴィル。その節は娘がお世話になったわ。
シャンス:ティルラさん?
イチーク:うるさい。バカなの? (→ティルラ)(辟易した顔)
リコ:もう散々お礼は言われてるでしょうけど、あれは実質私たちの村も救ってもらったようなものだからね
リコ:重ね重ね、お礼を言っておくわ
ティルラ:(首つかんで)ティルラどうどう
リコ:(手紙の封を切って目を通してる)
ティルラ:ハッ?!


リコ:さて、そちらの依頼も抱き合わせになったみたいね。それについてはうちの村の村長を訪ねるといいわ
リコ:依頼は村長が出したものだから

シャンス:ではそのように
ティルラ:(金髪の波動にあてられて混乱している)
エリア:大丈夫?サニティパンチいる?
イチーク:アレ(エリア)はいいの……? (超小声。ティルラの金髪の事)

リコ:ええ、それはいいのだけど……ちょっと待って
リコ:(おもむろにイチークの顔を覗き込む)
リコ:……ふんふん。まあこれなら大丈夫かしら。
イチーク:何? 何なワケ? (顔を覗き込まれたことについて)

リコ:うちの村長はねぇ、大の穢れ嫌いなのよ…
リコ:村長だけだけど。
リコ:とはいえただの一般人だから、今のままでもバレはしないだろうけどね

イチーク:……はああああぁ!!? あのアホメイヤ!! 何さらっといらないこと言ってるワケ!!? バカなの!!? プライバシー意識とかないの!!?
リコ:……(いや、私が個人的に真偽判定かけてみただけだけど)

イチーク:後で殴る。もうヤダ。村長のとこは勝手に行ってきて。

GM「許可します」

ティルラ:(しかし今まで男の子だと思ってからあれだけど…イチはこうやって見ると女の子だなぁ…)
シャンス:噂に聞くウチの過激派みたいなものですかね……
ティルラ:(生暖かい目
リコ:それともしよかったら、そっちの依頼が終わったらうちに来てくれる?
リコ:手紙の返信を書きたいのと、それについてのお礼をあげようと思うから
シャンス:それは勿論承りますが、お礼は……どうなんでしょう。メディラウト家に頂く分って返送まで込みなんですかね
リコ:まあ、それは私から依頼を受けると思ってよ
シャンス:ではありがたく

エーベル:(何かをしださないか警戒している)
シャンス:さて……イチークさん、どうします?ここで待ってます?
イチーク:……待ってる。(ぶすっと)
シャンス:……はい。ではまた後程

f:id:ururea1011:20170228052114j:plain

村長:私が村長だ。

GOOD「おいバカやめろ」
Benner「洞窟に入った後に閉められる奴だっけ?」
GOOD「改造版では後で殺せる」
GM「(黙って親指を下に向ける)」



ユイ:…こんにちわ(ぺこり)
ティルラ:どうもお邪魔します
村長:いらっしゃい。してその様子は、依頼を受けた冒険者ということでよいか?
ユイ:…はい。依頼を受けてこちらにきました(外向けモード)
シャンス:はい。ラスベートは赤楽亭から参りました
村長:ふむ、よかろう。人数は5人でよいか?
シャンス:あ、後から1人追加の人員が来ますので一応6人でカウントして頂けると
村長:ふむ、了解した

村長:では依頼の話をしよう。追加の人員には君たちから直接伝えたまえ。
村長:かいつまんで言うと、依頼の内容は、この村から少し離れた場所にある湿地帯に行ってモンスターを倒してもらう。
エリア:(お連れ様が後から来る~♪)

GM「その歌知らない」
打撲「おひとり様ですか~」

村長:昔は子供の遊び場としても適しているくらい水もきれいでいい場所だったんだが近頃湿地帯の一部が沼のようになってしまって、人が近寄らなくなった。そして、同時にそこに危険なモンスターが住み着くようになった。理由はわからんが。
村長:距離にして、この村から歩いて1時間ほどの場所だが、放置しておいて村の人々が襲われたりしたらかなわん。なので凶悪なモンスターを排除してほしい。
村長:難しいことに、うちの村の人員では撃退できないのでな

シャンス:めっちゃ近所じゃないですか
エリア:ふーん…?
ティルラ:突撃隣のモンスター!!

ユイ:…それ、どんなモンスターか分かりますか?
村長:ふむ、私は動物に詳しいわけではないが
村長:噂によると大きなヒレがあったとかなんとか。
村長:湿地帯自体は近所だ。だが奥に広がっている部分、深い場所まで更に歩く必要があるぞ


ティルラ:食べられそう
エルヴィ:ヒレねぇ・・・・・・
シャンス:(金属鎧が著しく不安なんですが)

村長:そうだな……依頼の確認に一人ついて行ってもらおう。お前たち、村の入り口でエーベルに出会ったか?
村長:依頼の間、あやつをついていかせよう。

エリア:水陸両用にしとくんだった
ユイ:…(若干嫌な顔)
村長:説明は以上だが、何か質問はあるか?

GM:(村長が天井にぶら下がっている紐を引っ張ると、がらんがらんと音が鳴る)
GM:(それから30秒と待たずエーベルが駆け込んできた)

ユイ:…?
ティルラ:はやーい
エーベル:(どたばた)ただいまエーベル到着しました
エルヴィ:(練度がたかい)

村長:遅いわ。そやつらと共に湿地帯へ向かえ。
村長:依頼の結果の調査と手伝いをするのだ
エーベル:了解です!サー!
エーベル:ああ、ええと皆さん湿地帯に向かう前に長靴を用意していった方がいいですよ
エーベル:足埋まりますから。

シャンス:足とかいう問題じゃないんですけどこの鎧本当に着てて大丈夫なんでしょうか
シャンス:溺死する趣味はないんですが
エーベル:んー、場所によっては多分頭まで浸かっちゃう場所もあるかもね
シャンス:えっなにそれこわい

エルヴィ:(いそいそとタイヤに布を巻いて設置面積を増やす)
エーベル:なにせあそこ、今沼地みたいな状態だからね
エリア:いざとなると飛べるから大丈夫だけど
ティルラ:(濡れた服…うへへへへ…)
ユイ:…いざとなればゴーレムに乗る
シャンス:いざというときはお願いします皆さんほんとに(ガクガク
イチーク:(沼が始まった辺りでゴーレムに乗った)


というわけで湿地帯へ向かうのであった。

GM:村長に言われた湿地帯についた一行。そこでは湿地帯というよりは沼地という方が似合う、そんな悪臭が立ち込めていた。それでもまだ、このあたりは落ち着いた雰囲気の場所ではあったが、遠くへと目をこらして見てみると、湿地帯の深部には何やら紫色のもやが立ち込めている。

ユイ:そーらーをこーえてーらららほーしーのかーなたー♪(ゴーレムに乗りながら鼻歌)
エリア:ゆくぞ~あとむ~
エーベル:お気楽だなぁ……
ティルラ:あれ…ユイちゃんシャンスちゃんより上手いのでは…?
シャンス:(ぐっさあ)

GM:ふと、巨大な咆哮が鳴り響く。それは間違いなく、あの紫色のもやから聞こえ、
そのもやのあった部分から鳥たちが飛び立っていくのが見える。おそらくだが、あそこに村長が言っていた危険なモンスターがいるのかもしれない

イチーク:(まだ沼は浅めなので、ゴーレムの頭の上に座ってる。余裕の顔)
エーベル:(この依頼でこいつらがセオをどうやって鹵獲したのか調べてやる……)

「鹵獲って何だよ」


GM「進むって言ってくれれば基本的に探索しつつ進んでいくのでよろしく。」


ティルラ:よーし行くぞー
エリア:すすめすすめー

GM:冒険者一行が茂る枝を避けたり排除したりしながら進む。当然歩いている者の足は沼地にとらわれ上手く進まない。このまま歩き続けると後で足首が痛くなりそうだ。ただ、この地域の湿地帯はまだまだ綺麗であり、敵対的な生物も見受けられない。以前はよく村人が訪れていたというのもうなずける。
GM:進む道の方々にはいわゆるマングローブのような細い樹からあるいは巨大な丸太のような樹まで様々な植物が生い茂っている。動物や虫も多く生息しており、ところどころには小さな魚が泳いでいる様子も見受けられる。

GM:道中大きな倒木を発見する。あなたたちから見て左側に向けて倒れている。高さは2m程度、横には数十mは広がっているどうにかして乗り越えるか……

エリア:森さんがいれば二人乗りできた…っと思ったけどビスが嫌がるか
シャンス:(のたのた)

GM「登攀or跳躍/14で。飛んでる組は自動成功。」

エリア:2d+11
SwordWorld2.0 : (2D6+11) → 7[1,6]+11 → 18
シャンス:2d+7 金属鎧が重い登攀
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 3[1,2]+7 → 10
ティルラ:2d+8 登攀を試す
SwordWorld2.0 : (2D6+8) → 6[4,2]+8 → 14

シャンス:(べしゃっ)
ブラスウィング:頭:ビューン(らくらく乗り越える)
シャンス:(鎧脱ごうかなあ……)
ティルラ:ファイトォ!!一発ぁっ!!
エリア:リポビタンDのCMばりにシャンスの腕をつかむ

GM:シャンスはティルラとエリアのリポビタンDにより登攀
GM:(ただし泥まみれ)

イチーク:2d+10+2 登攀判定(ゴーレムの上からスタート)
SwordWorld2.0 : (2D6+10+2) → 8[5,3]+10+2 → 20
エーベル:2d+10 登攀
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 5[2,3]+10 → 15

イチーク:(ゴーレムはのたのたしてたので引っ張り上げる)
シャンス:うう……どろどろ……
シャンス:ありがとうございます2人とも
ティルラ:ひぃ…ひぃ…
エリア:お風呂入りたい…妖精使いになろうかな

GM:一行は樹を越えて先へと進む
シャンス:心の底から同意しておきます……

GM「ここでは探索を振ってね」

GM:探索判定/16

エリア:2d+11
SwordWorld2.0 : (2D6+11) → 3[1,2]+11 → 14
シャンス:2d+6>=16
SwordWorld2.0 : (2D6+6>=16) → 10[6,4]+6 → 16 → 成功
イチーク:2d6+6 探索
SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 7[3,4]+6 → 13
ティルラ:2d+5 探索
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 9[6,3]+5 → 14
ユイ:2d+10
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 8[6,2]+10 → 18
エーベル:2d+11
SwordWorld2.0 : (2D6+11) → 6[2,4]+11 → 17

GM:一行が色々周りを調べながら進んでいると、一行の前を何かが通り過ぎた

ナリシロ:ひええー!おーたーすーけー!

GM:追いかけますか?

ティルラ:追う
シャンス:あっティルラさん先行すると危な(ベシャ
ティルラ:<〇><〇>
ティルラ:待てぇー
イチーク:(何かが来た方を眺める)

GM:相手はジャイアントヴァイパー1体なので宣言したら倒せます

エーベル:んー、誰だろ。
エーベル:村の人ではないと思うけど
ユイ:…人助けしなきゃ

シャンス:(ナリシロについて)まもちきを要求します
GM:よかろう

シャンス:2d+13
SwordWorld2.0 : (2D6+13) → 4[3,1]+13 → 17

GM:少女はフェンサー4、レンジャー5のミアキス

シャンス:なんでこんな危ないところに……助けましょう
エリア:とにかく助けようか

GM:ドカッボカッバキッ 君たちは戦いに勝利した。

ナリシロ:たーすーけ、あれ?助かった?

エリア:TASけた
ナリシロ:TASさん!実在したのね!

Tool-Assisted-SW2.0

ユイ:…大丈夫ですか?(ゴーレムに乗りながら近づく)
ナリシロ:ええ、助かりました。ありがとうございます
ナリシロ:ええと、私はナリシロっていいます。あなたたちは?
エリア:ただの魔物討伐に来た冒険者
シャンス:です
ユイ:…赤楽亭所属の冒険者です。湿地帯の魔物を倒しに来ました(一応丁寧モード)
ナリシロ:魔物討伐……っていうと、あの奥にいる奴を倒しに来たんですか?
シャンス:む、ご存知ですか
ナリシロ:すごい!皆さんお強いんですね!
エリア:どや
ティルラ:ドヤァ

ナリシロ:ええと、そいつならあの紫色のもやにむかって進んでいけば会えると思います
ナリシロ:いつもあいつ、あの中心あたりにいるみたいなので
シャンス:ああ、やっぱりアレなんですね……
シャンス:ありがとうございます。ここら一帯危ないので早く逃げたほうがよろしいかと
エリア:じゃ元凶って可能性も高いね
ナリシロ:はい、ありがとうございます、 でも私は逃げるわけにはまいりません!それが修行ですので!
シャンス:えぇー……
ユイ:…修行?
ナリシロ:はい!ここでしばらく暮らしていれば強くなれるって、師匠が!
シャンス:いやまあ強くはなれるんでしょうけど……
ティルラ:いっそのこと一緒に来る?
シャンス:せめてあの蛇くらいは勝てるようになってから来てはいかがです?
ユイ:…あれくらいで逃げてるようじゃ無理だと思う(冷静な分析)
ナリシロ:むー、というか、今の蛇も普段はいないんですよ
ナリシロ:もっと弱いモンスターとか、無害な動物とかばっかりなんですけど……
ナリシロ:でもついていくとあれです、お邪魔しちゃいませんか?
シャンス:……危なくなったら無我夢中に逃げていただければ
ナリシロ:それじゃ、わかりました!ついて行きます!
エリア:私たちが負けたらその時が君の最後になる覚悟があれば
ナリシロ:ひぃっ!
エリア:いやまぁ付いて来るってそういうことだもんねえ
エーベル:うーん、まあ最悪そんなことになったら私が村にそれを伝えにいくから
ユイ:…修行にはそれなりの覚悟が必要だって、お母さん言ってた
シャンス:ユイさんが言うとリアル
ナリシロ:あ、それとこの湿地帯には師匠とお姉ちゃんもいるので
ナリシロ:どこかで合流できればいいんですけどね
イチーク:てか、ぶっちゃけ修行って非効率だよね。体系だって学んだ方が早いし。
シャンス:まあ、付いてくるなり逃げるなりは自己責任でどうぞ
シャンス:私たちは進みますので
ナリシロ:じゃあ、できればお姉ちゃんを探すところまで!

GM:進みますか?

f:id:ururea1011:20161121005148j:plain

ブラスウィング:頭:ユクゾー!(デッデッデデデデッデッカーンデデデデッ)

GM:歩く内に冒険者は瘴気の一歩手前までやってきた。明らかに体には悪そうな気体が立ち込めている。が、とくに現状広がっているようには見えない。

イチーク:謎技術だよね。それ
ティルラ:もうなんか慣れた

GM:このあたりには先ほどまで通ってきた途中にいたはずの生物がほとんどいない。本能的に感じ取っているのか、通常の動物は皆瘴気から離れて行っているようだ。

シャンス:入って大丈夫なんでしょうかこれ
エリア:シャンスちゃん的にはどう思うのこれ

シャンス:2d+13 どう思う
SwordWorld2.0 : (2D6+13) → 10[4,6]+13 → 23

GM:14:原因まではつかめないが、あれを吸うと徐々に毒を受けてしまうと予想される。  マップを1回進行する(約10分)ごとに1d3点の毒属性ダメージを受ける。  
一度ダメージを受けた場合、紫色のもやに出ても10分ごとにダメージを受け続ける。  解除するには紫色のもやから出た状態で目標値18の解毒に成功する必要がある。

シャンス:……ということらしいです

GM:沼そのものから瘴気が出ているわけではなさそうだ

ティルラ:そういや綺麗な沼だって言ってたしね
エリア:直ちに致命的な効果はないとも言える
エーベル:うえー、これやっぱりヤバイ奴じゃん……
エリア:冒険者してたらこれぐらいはねえ…
エーベル:ま、負けねぇ……
シャンス:まあ、……行くしかないんですよねえ
ユイ:…まぁ仕方なし
エリア:小さいイカダ作ってコマンドドールに漕がせるとか
ティルラ:(泥まみれになることを覚悟して泳ぐ準備をする)
エリア:うーん、今度からスフィアに大量にいろんな日用品突っ込んでおこうかな
シャンス:便利ですね……

gakkey「ティルラ、泥に顔をつけたまま泳ぎたいんだけど、それで毒回避できない?」

GM「構わんけどいろいろヤバいねそれ」



GM:エリア5 (中層)

GM「早速探索どうぞ。今回は目標値は非公開で」

イチーク:2d6+6 探索
SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 5[4,1]+6 → 11
シャンス:2d+6 探索
SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 10[5,5]+6 → 16
エリア:2d+11
SwordWorld2.0 : (2D6+11) → 9[6,3]+11 → 20
ユイ:2d+10 さがす
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 7[2,5]+10 → 17
ティルラ:2d+5 探索
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 3[2,1]+5 → 8
エーベル:2d+11
SwordWorld2.0 : (2D6+11) → 6[3,3]+11 → 17

GM:エリアはふと足を進める途中で目の前に違和感を覚えて足を止めた
エリア:ちょっとストップ
GM:見れば自然の造形か、前に3mほどの穴ぼこが開いている
シャンス:?
GM:気が付いたので特に問題なく横を通って回避できる

エリア:でっかい足取られ穴がある、突っ込むと沈むよ
エーベル:うわ、よく気づいたねこんなの
シャンス:あわわ

GM:続いて進んでいくと、途中に小さな足場を見つけた。
GM:足場の傍には岩がいくらか転がっているが、ふと一つ、岩の置かれ方に違和感を覚える

エリア:うーん…うーん?
シャンス:そもそもこんな場所に足場?
GM:どうしますか?
エリア:罠感知棒でつっつく

GM:罠とかはなさそうだが、不自然にぐらぐらと揺れるので、岩の下を見ると何やら入口のようなものが隠されている

シャンス:えっ
GM:入口のサイズは相当小さい。
ユイ:…こんなところに
エリア:えええーー??

f:id:ururea1011:20170228053751j:plain

ティルラ:(泥でえらいことになりつつある)

エリア:ていうかティルラがやばい
エーベル:キモい
イチーク:クリーチャーだよね。これ(ティルラ)。
ティルラ:ンゴー
イチーク:ついに知性も捨てたんだ。ふーん……(うごーうごー言ってるティルラを眺めながら)

ユイ:2d ライトでピカピカ人形をつくる
SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[5,3] → 8
ユイ:2d リモートドール
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[3,4] → 7

エーベル:うーん、こんな小さい穴、巣穴か何かじゃないの?
ユイ:スヤァ…
エリア:綺麗な顔してんだろ?寝てるんだぜ
ティルラ:ンゴゴゴォー
シャンス:ああもう、拭きますからちょっとこっちにどうぞ

GM:ユイがリモートドールを使って穴の中に人形を入れると、入口の狭さと違って中はある程度広かった
GM:とは言っても人が一人転がって寝れるくらいだろうか
GM:穴の中には草が敷かれており、その上に紙が載せられていた

エリア:ナリシロちゃん心当たりは?
ユイ:てくてく(紙をみる)
ナリシロ:うーん、これ、もしかして師匠?
ナリシロ:でもなぁ…
シャンス:お師匠様はグラスランナーかなにかなんです?
ナリシロ:あんまりよくわからないけどちっちゃいよ!
エリア:レプラかな

GM:文章は日記のようだった。「私」と書かれている様子を見ると女性のものだろうか

シャンス:あー
ティルラ:ぷはぁ
ユイ:ペラペラ(がんばって日記をめくる)

GM:日記には様々な地域を渡り歩いたと記述があるが、人形では全てを読むのに時間がかかりそうだ
GM:人形は文書をつかんで運んだ

ユイ:…おまたせ(リモート解除)
シャンス:お疲れ様です
ユイ:…日記があった(シャンスに手渡す)

GM:日記を読む?(全部読むなら10分かかることにします)

シャンス:……気が咎めますね
ティルラ:あーん ユイちゃんお触りしそこねたぁ
シャンス:まあ読みましょうか
シャンス:急いで読みますので少々お待ち下さい

毒ダメージ

エリア:2d3
SwordWorld2.0 : (2D3) → 4[2,2] → 4
シャンス:2d3
SwordWorld2.0 : (2D3) → 4[3,1] → 4
ユイ:2d3 ダメージ
SwordWorld2.0 : (2D3) → 6[3,3] → 6
ティルラ:2d3 ダメージ
SwordWorld2.0 : (2D3) → 2[1,1] → 2
シャンス:2d+12 文献判定
SwordWorld2.0 : (2D6+12) → 6[5,1]+12 → 18
イチーク:2d3 ダメージ
SwordWorld2.0 : (2D3) → 6[3,3] → 6
イチーク:2d6 レイジングアース
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[5,1] → 6
シャンス:☆ビビッドシェル
シャンス:2d トランスファー2点
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[4,2] → 6

シャンス:1点でした
ユイ:…ありがたみがある

GM:日記はアイヤールを始めリオス地方の様々な街や村を訪れた記述がある

また船で海を渡ったり、ザルツの方へも向かったと情報がある

途中で白猫と黒猫を拾った、という記述がある。

GM:文書の目的を見るに、「レガリア」という単語が見つかった。
日記の最初はやたらとこれについて言及されているが、白猫や黒猫を拾ったあたりからはぱったりとその話は出てこない

ナリシロ:ちょっと見せてみせてー
シャンス:はいどうぞ
ナリシロ:うーん、これやっぱり師匠が書いたんじゃないかな

シャンス:2d+13 レガリアとは
SwordWorld2.0 : (2D6+13) → 10[6,4]+13 → 23
ティルラ:2d+5 見識
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 11[6,5]+5 → 16

GM「たけぇよ」

七つ色のレガリア

基本取引価格 取引不能
知名度    22
概要     鈍い色をした宝石
製作時代   不明


通常は少し暗い色をした丸い宝石であり、七つの色(赤、橙、黄、緑、青、藍、紫)があると言われています。
中には膨大な魔力が封じられていると言われていますが、人族や蛮族などの知識の有る者が持つ分にはそれを使うことはできません。
一方で動物や植物、アンデッドなど知能の低い者が有すると、鮮やかな色に光って大きな影響を受けると言われており
現に各地で異常強化された動物や植物の中から見つかっています。
ある地ではこのアイテムの所持者が王になる、という条件の元、この宝珠を巡って争いが起きたという記述があります。

七つの色がどのような利用方法があるのかはわかっていません。
噂では知識があるにも関わらずこの宝石の力を引き出した者もいる、と噂があります。
噂によるとこのレガリアを七色分集めた場合には本来の力を取り戻す、などと言われていますが
真偽のほどは定かではありません。

 



イチーク:……他人の日記なんだし、元の場所に戻してくれば?
ユイ:…めんどくさい
シャンス:今読んでいるのも正直なところあまり褒められた行為ではないですからね……
シャンス:現状の手がかりでもあればと思ったんですが
イチーク:地味に雑だよね。キミ(ユイ)
ユイ:…だってまた人形使うの嫌だし
イチーク:てか、君(ナリシロ)戻してきてよ。君のお師匠の日記勝手に読んじゃったのは
イチーク:謝るから
シャンス:いやまあ確かに女性しかいませんが
ナリシロ:ええー。しょうがないなぁ
シャンス:猫になってから人間態に戻って着替えてたらまた10分とかかかりませんか
ティルラ:!?
ナリシロ:私も入れなくはないかなこれ
ナリシロ:でも猫にならないとつっかえるかも
シャンス:うーん
シャンス:やっぱり申し訳ないですが
シャンス:入り口近くにシュートで勘弁していただきましょう
シャンス:入り口は元通り塞いでと
エリア:真上でスフィアに入ったら顕現したとき中に出てくるのでは
エリア:っと思ったけど出れないわ

エーベル:しかし、結局師匠って誰のことだろうね
シャンス:会えればわかるんじゃないでしょうか
エリア:すすめすすめ
ティルラ:赤楽亭の最終兵器トキ様?
エーベル:まあそれもそうかな

打撲「ところでイチークの腰にあれがありますね」
GM「そっすね」
打撲「気づいたりしない?」
GM「もしかしたら、とかは思うんじゃないですかね(すっとぼけ)」

シャンス:(七色の宝石、異常強化された魔物、)
シャンス:(うわあ)
エーベル:ああ、トキさんなら私も噂を聞いたことあるけど
シャンス:(どうしましょうアレ(イチークの腰の宝石を見つつ)
エーベル:でもそんな有名人がここまで来るかなぁ……?
イチーク:なんかあるワケ? (シャンスに)
シャンス:(まあ隠してもしょうがなし)
シャンス:道々かくしか説明します
イチーク:これが?てか、外せないし。どうしようもないんだけど
シャンス:まあ実害が出ない間は放っておくしか……

GM:冒険者が歩を進めていくと、周りの樹に違和感を覚えた。樹の幹に傷がつけられている。幹の傷はあなたたちが進もうとしている方向にそのまま続いている。
GM:更に歩くと、急にあなたたちの鼻を強い匂いがつく。あなたたちはいくらか既に知っている臭い……血の匂いだ。
GM:そして、更に歩くと道端に大きな動物の死骸が落ちていた。

シャンス:うっ
GM:具体的にはなかなか巨大な蛇だ
エリア:なんかナワバリのマーキングみたいだ

GM:まもちき14/19
シャンス:2d+13 この蛇は何者ぞ
SwordWorld2.0 : (2D6+13) → 8[5,3]+13 → 21
エリア:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[4,3] → 7
ティルラ:2d まもちき
SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[3,6] → 9

モンスターは沼に適応したシーサーペントの亜種。

ティルラ:でかい

GM:シーサーペント亜種の死骸は非常に新しく、腹部に肉をはぎ取られた痕がある。そこから血がじんわりと沼に流れていた。このまま留まるとモンスターがやってくるかもしれない。

シャンス:シー、……?スワンプ……?サーペント……?淡水亜種?
ユイ:…さっさと進もう
シャンス:これをやった何かがまだ近くにいるかもしれません

GM:ダメージの時間

ユイ:1d3
SwordWorld2.0 : (1D3) → 2
イチーク:1d3
SwordWorld2.0 : (1D3) → 3
シャンス:1d3
SwordWorld2.0 : (1D3) → 2
GM:1d3
SwordWorld2.0 : (1D3) → 3
ティルラ:1d3 健康への影響
SwordWorld2.0 : (1D3) → 1
エルヴィ:1d3
SwordWorld2.0 : (1D3) → 1

GM:分かれ道が左右に続いている。分かれ道の左には先ほどから続いている幹の傷跡が続いている。さて、どちらに進もうか……

シャンス:まあ、わかりやすい方では?
GM:左を選びました
GM:一行が道を進むと、急に打撃音が聞こえた
GM:ザバザバと水が揺れる音も聞こえる

エリア:???!!
ティルラ:ライフセンサー始動!
ティルラ:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[3,3] → 6

GM:部位数×2の奴が4体+部位数1の奴が1体いる

ナリシロ:うう……戦闘ですか?
ティルラ:わちゃわちゃしてそう!
シャンス:逃げる準備はしておいてくださいねー


進むと、黒髪の少女と4体のシーサーペントが取っ組み合いになっている。

ティルラ:うわぁなんかすごいことになってる!

ティルラ:2d+4 先制
SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 8[3,5]+4 → 12
ユイ:2d+7 先制
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 6[5,1]+7 → 13
シャンス:先制/16
シャンス:平目のため判定不可
エリア:2d+10
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 10[4,6]+10 → 20
イチーク:2d6+9 先制判定
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 8[4,4]+9 → 17

スズクロ:!誰!?
ナリシロ:あ!お姉ちゃん!助けないと!
ティルラ:姉妹丼!!

いいよね。

シャンス:2d+13 黒い子の力量
SwordWorld2.0 : (2D6+13) → 5[3,2]+13 → 18

GM:スズクロ:グラップラー7、スカウト7、ミアキス


シャンス:……よくあの数相手にどうにかできてますね
ティルラ:体でかいのも考え物だねー
エーベル:ていうかあれほっといたらすぐ食われるわよ。急がないと

GM:スズクロちゃんは回避でなんとか回避してますが一発噛みつかれた後です
あとサーペントも一人HPが半分に減ってます

PL「毒とかは?」
GM「瘴気はあるけどサーペント自体にはないよ」


シーサーペント亜種(胴体):固定値しまーす

エリア:2d+15 命中
SwordWorld2.0 : (2D6+15) → 8[5,3]+15 → 23
エリア:2d+15 命中
SwordWorld2.0 : (2D6+15) → 3[2,1]+15 → 18
エリア:2d+15 命中
SwordWorld2.0 : (2D6+15) → 4[2,2]+15 → 19
エリア:2d+15 命中
SwordWorld2.0 : (2D6+15) → 5[3,2]+15 → 20
エリア:k30+13 1H槍
SwordWorld2.0 : KeyNo.30c[10]+13 → 2D:[5,2]=7 → 7+13 → 20
エリア:k30+13 1H槍
SwordWorld2.0 : KeyNo.30c[10]+13 → 2D:[2,1]=3 → 2+13 → 15
エリア:k30+13 1H槍
SwordWorld2.0 : KeyNo.30c[10]+13 → 2D:[3,1]=4 → 4+13 → 17
エリア:k30+13 1H槍
SwordWorld2.0 : KeyNo.30c[10]+13 → 2D:[3,1]=4 → 4+13 → 17

エリアの攻撃で一か所に集める

ティルラ:消毒だ—
ティルラ:グレネード スフィンクス

ティルラ:2d+13
SwordWorld2.0 : (2D6+13) → 3[1,2]+13 → 16

ティルラ:腕輪割りまーす
ティルラ:K30@10+11
SwordWorld2.0 : KeyNo.30c[10]+11 → 2D:[5,4]=9 → 9+11 → 20
ティルラ:K30@10+11
SwordWorld2.0 : KeyNo.30c[10]+11 → 2D:[4,3]=7 → 7+11 → 18
ティルラ:K30@10+11
SwordWorld2.0 : KeyNo.30c[10]+11 → 2D:[2,6]=8 → 8+11 → 19
ティルラ:K30@10+11
SwordWorld2.0 : KeyNo.30c[10]+11 → 2D:[1,5]=6 → 6+11 → 17
ティルラ:K30@10+11
SwordWorld2.0 : KeyNo.30c[10]+11 → 2D:[4,5]=9 → 9+11 → 20
ティルラ:K30@10+11
SwordWorld2.0 : KeyNo.30c[10]+11 → 2D:[4,1]=5 → 4+11 → 15
ティルラ:K30@10+11
SwordWorld2.0 : KeyNo.30c[10]+11 → 2D:[4,1]=5 → 4+11 → 15
ティルラ:K30@10+11
SwordWorld2.0 : KeyNo.30c[10]+11 → 2D:[5,2]=7 → 7+11 → 18

シャンス:腕輪の予備ありますー?
ティルラ:ある
シャンス:よかった

シーサーペント亜種(胴体):2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[3,6] → 9

エルヴィ:グレネード!!
エルヴィ:(おもむろに練成陣のような魔法的サムシングを生み出してそこから手投げ弾が飛んでいく)
エルヴィ:2d+8 グレ行使
SwordWorld2.0 : (2D6+8) → 9[6,3]+8 → 17
エルヴィ:腕輪割りで抵抗抜き
エルヴィ:k30@10+8+3
SwordWorld2.0 : KeyNo.30c[10]+11 → 2D:[6,1]=7 → 7+11 → 18
エルヴィ:k30@10+8+3
SwordWorld2.0 : KeyNo.30c[10]+11 → 2D:[3,6]=9 → 9+11 → 20
エルヴィ:k30@10+8+3
SwordWorld2.0 : KeyNo.30c[10]+11 → 2D:[2,3]=5 → 4+11 → 15
エルヴィ:k30@10+8+3
SwordWorld2.0 : KeyNo.30c[10]+11 → 2D:[2,3]=5 → 4+11 → 15
エルヴィ:k30@10+8+3
SwordWorld2.0 : KeyNo.30c[10]+11 → 2D:[4,2]=6 → 6+11 → 17
エルヴィ:k30@10+8+3
SwordWorld2.0 : KeyNo.30c[10]+11 → 2D:[2,5]=7 → 7+11 → 18
ユイ:2d+13 スパークでヘビのかば焼き
SwordWorld2.0 : (2D6+13) → 9[3,6]+13 → 22
ユイ:12d
SwordWorld2.0 : (12D6) → 44[6,1,1,2,6,3,3,5,4,6,2,5] → 44

エルヴィ:(バイク行動放棄:せつやくせつやく)

ユイ:上手に焼けました
ティルラ:蛇っておいしいんだっけ?
ユイ:…わかんない
エルヴィ:おいしいわよ?(おもむろに串をうつ)
シャンス:お疲れ様でした(何もしていない)
シャンス:とりあえず腕輪どうぞ
ユイ:…よし(ナイフを取り出す)
エルヴィ:シャンスちゃんありがとうね。借りるわ。

スズクロ:(一瞬で吹き飛んだのに驚いている)
エリア:大丈夫?
スズクロ:あ、はい。助かりました。ありがとうございます
ナリシロ:おねーちゃーん!
ティルラ:(腕輪再装着)
ユイ:…よかったよかった(もぐもぐ)
ティルラ:感動の再開
スズクロ:うわ、シロなんでここに来た!?
スズクロ:危険だから瘴気の手前で待っていろと…

GM:~かくしか~

スズクロ:とりあえず、私は妹と一度ここを離れようかと思いますが
シャンス:うーん
スズクロ:あなたたちは奥に?
シャンス:解毒の当てはありますか?
シャンス:ここから出ても毒は続くようですが
スズクロ:解毒……もしかしてこの霧ですか?
シャンス:はい
スズクロ:一応必要なものは持ってきてます
GM:スズクロは持っている鞄から解毒薬を取り出す

シャンス:それは何より
シャンス:ではこの靄から出た後でそれを使って下さいね
スズクロ:ええ、ありがとうございます。妹を助けていただいてありがとうございました。

ユイ:…気を付けて、ここから先はまかせて(もぐもぐ)
シャンス:……ユイさん何食べてるんです?
ユイ:…さっきの蛇、意外とおいしい
シャンス:…………
シャンス:たくましくなりましたね(ホロリ
エルヴィ:おいしいわよ?(二回目:串うちしたへびを差し出す)
シャンス:ではお気をつけてー
エルヴィ:(ソースをかける)
イチーク:(感動するポイントそこでいいワケ……? →シャンス)
エリア:私も食べる
シャンス:……いや、進みません?
エルヴィ:ま、そうね(へびを保存食として包みながら)
ユイ:…進む(まんぷく)


GM:一行は猫娘猫娘オルタと分かれた



GMが最近FGOやってる(そのせいで各所に手抜きが見られる)ところで、
瘴気の中次回へ続く。